病弱がR1を3年間飲んでみた結果→R1信者に

Item

みなさんこんにちは。Chill Out Daysです。

季節の変わり目なこの時期、みなさんは風邪を引いたり、インフルエンザになったりしていないですか?

私はたった一つの事をするだけでインフルエンザにかからなくなりました!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

たった一つの事でインフルエンザにかからない方法

私が行っているたった一つの事。それは、

R1を毎日飲む(食べる)こと

です。

それだけ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私の経験から言うと、めちゃ効果あります!

色んな批判的な記事も出されていますが、私はすっかりR1信者になってしまいました。

その理由を書いていきたいと思います。

R1を飲みだしたきっかけ

私はもともとインフルエンザにかかりやすく、毎年のようにかかっていました。

ある年では一年に2回かかったこともあります。(笑)

しかし、高校3年生の時、大学受験のために母親が毎朝R1ヨーグルトを出してくれたおかげで、その年はインフルエンザにかからず、無事受験を終えることができました。

本当にR1のおかげなの?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

明治のホームページにその根拠が掲載されています。

乳酸菌1073R-1株の効果 | 明治ヨーグルトライブラリー
乳酸菌1073R-1株の効果について解説します。明治ヨーグルトライブラリーは乳酸菌の基礎知識や、最先端の研究結果から、皆さまの暮らしに役立つ美容・健康情報、ヨーグルトを使用したちょっと意外なレシピをご紹介してます。

ここにはグラフなどで色々書いてありますが、めちゃくちゃ大雑把にまとめると

・高齢者の方々でも風邪に対する抗体が活性化された。

・マウスに食べさせるとインフルエンザに強いマウスになった。

・人間がインフルエンザワクチンを接種した場合、インフルエンザに対する抗体がいっぱいできるようになった。

・高齢者でもインフルエンザに対する抗体が増える可能性がある

という感じです。

「R-1ドリンクを毎日小中学生に飲ませたところ、A町ではインフルエンザ感染率が10%だったが、B町では0.64%という明らかに低い結果が出た」

という記事もあります。(すでにこの記事はなくなっていました、、、)

これは明治が宣伝のためにでっちあげたとか色々な噂がありますが、自分の経験から私はR1の力を信じています!

R1を3年間飲んでみた結果

色んな研究結果を見てどうこう言っても仕方ないので、私の経験を述べます!

私はR1を18歳の1年間(受験のため)、23,24歳の2年間(就活のため)の合計3年間飲んでいます(25歳の今も飲み続けています)。

その3年間は一度もインフルエンザにかかることはありませんでした。

中学時代  毎年のようにかかる

16歳    インフルエンザ(R1飲んでない)

17歳    かからない(R1飲んでない)

18歳    かからない(R1飲んでた!)

19歳    かからない(R1飲んでない)

20歳    インフルエンザ(R1飲んでない)

22歳    かからない(R1飲んでない)

23~25歳  かからない(R1飲んでる!)

こんな感じです。R1を飲んでる年にはインフルエンザにかかったことはありません。

しかし、風邪は引きます。が、発熱を伴う風邪は引かなくなりました。

風邪を引いても鼻水が出たりのどが痛くなる程度で済むようになりました。

この経験から、私はR1信者となり、飲み続けるようになりました。

私の周りにもR1信者がちょくちょくいるので、やはり効果はあると確信しています。

R1のおすすめの飲み方

R1は一本110~130円です。毎日飲むとなると

一か月約3500円、一年約42000円と、結構お金がかかります。

家族が4人いるとすると年間約17万円もかかってしまいます。

そう考えると毎日飲むのはしんどいですよね、、、

ですので、

免疫力をつけたい時期だけ飲む

ことをおすすめします。

正直、インフルエンザじゃない時期や、仕事、会社を休んでも大丈夫な時期に飲むのはあまり効率的ではないです。

受験や就活、仕事で大事な時期などに飲むようにすれば費用をぐっと抑えられます。

ちなみに私は信者なので、

R1で免疫力を上げることでコロナにもかからないようになる

と信じて飲み続けています。

まとめ

R1について様々な肯定的、批判的な記事が出されていますが、私の経験上、R1は効果ありです。

飲む時期を工夫することで費用を抑えられます。

もし、飲んでいるのにインフルエンザにかかったらすぐ報告したいと思います。

みなさんも自分の免疫力を向上さて、コロナに負けない体づくりをしましょう!!

では!

コメント